第63回通常総会

4月19日(月) / お知らせ

 

○ 令和3年3月23日(火)14時から土地改良センター会議室において第63回通常総会が開催され、令和3年度事業計画案、当初予算案など提案された8議案が全て賛成多数で議決されました。
○ 昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症を考慮して出席者は極力少人数とするため、事前に議案を送付し、会員の皆様には、原則として書面による議決権を行使していただくこととしました。
○ そのため、当日の出席者は、間宮会長以下役員、議長、補欠役員の銓衡委員、事務局など21名で、会長挨拶、議案審議・採決、補欠役員銓衡委員の選任と委員会の開催など多数の議事がありましたが、出席者のご理解を得て進行はスムースに進み、15時15分には滞りなく閉会しました。
○ 補欠役員の選任については、新たに杉野幸雄氏(三浦市農協代表理事組合長、横須賀三浦支部長)、小川雅彦氏(相模川西部土地改良区理事長、湘南支部長)、守屋輝彦氏(小田原市長、西湘支部長)、杉山文章氏(土地連参事)が理事に、篠原慎一氏(前土地連専務理事)が監事に選任されました。
 総会後の理事会では小川新理事が副会長、杉山新理事が専務理事に、同じく監事会では篠原新監事が代表監事に選任され、新しい執行体制で新年度がスタートすることになりました。
○ また、例年であれば総会の場で行われる土地改良事業功労者表彰式についても残念ながら昨年同様に開催を見合わせて会長からお名前を紹介するだけに留め、授章者の皆様には後日表彰状と記念品をお送りすることとしました。
 併せて、農村振興局長表彰及び全国土地改良事業団体連合会長表彰を受章された皆様も紹介させていただきました。