4月18日(水) 磯部頭首工の通水式が行われました

5月10日(木) / お知らせ

磯部頭首工(相模原市南区磯部)は、相模川左右岸の8市1町の水田(約1,800ha)に農業用水を供給する県内最大規模の頭首工です。

頭首工を管理する相模川磯部堰土地改良区連合、相模川西部土地改良区、相模川左岸土地改良区、県央地域県政総合センターなど行政関係者、当会などが出席し、豊作と農作業、水路管理の安全を祈願しました。

当日は式典には生憎の雨模様でしたが、恵みの雨のもとでの式典でもありました。

この日は水門の一部を開き、6月1日の全量通水に向けて準備が続きます。

   
赤井光夫氏(相模川左岸土地改良区理事長)の挨拶       神事の様子

   
室井義広氏の挨拶                 通水後の用水路の様子
(神奈川県県央地域県政総合センター農政部長)


取水ゲート 左側6門(左岸用水) 右側4門(西部用水)